【本文】

  1. トップ
  2. イベントガイド
  3. 8月 中部お出かけガイド

8月 中部お出かけガイド

2019年07月29日

催祭花火花スポーツ募集

催

開館40周年記念「魔法の美術館」

9月8日(日)まで、愛知県豊橋市今橋町の市美術博物館。鑑賞者の動きに合わせて光と影、音や映像などが魔法のように変化する体感型アート展。会場内での撮影が可能。月曜休館(12日は開館)。一般・大学生1200円、小中高生600円。市内在住の70歳以上600円。東三河の小中学生は「ほの国こどもパスポート」提示で無料。(問)同館=0532(51)2882

’18日本のガラス展

1日(木)~9月29日(日)前9・30~後5・30(入館は後5)、三重県菰野町大羽根園松ケ枝町のパラミタミュージアム。全国の日本ガラス工芸協会の会員と公募入選者計111人がガラス素材で作った器やオブジェなどを一人1点ずつ前期と後期に分けて展示。8月31日(土)から作品を入れ替える。30日(金)は同展は閉場。入館料一般1000円、大学生800円、高校生500円、中学生以下無料。(問)同館=059(391)1088

伊崎の棹(さお)飛び

1日(木)前11、滋賀県近江八幡市白王町の伊崎寺。本堂で法要が営まれた後、百日回峰行の修行を積んだ僧侶らが、岩場から突き出た長さ13メートルのさおの先から7メートル下の琵琶湖へ次々と身を投じる。(問)伊崎寺=0748(32)7828

水都まつり

1日(木)~4日(日)、岐阜県大垣市の大垣駅通り一帯。吹き流しなど七夕飾りが沿道を彩る中、飲食の屋台、踊りや音楽のステージを展開。市中心部を流れる水門川では、名産の木升を土台にろうそくをともす「万灯(まんとう)流し」のほか、新内節の人間国宝新内仲三郎さんらが浄瑠璃を披露する「夕涼み新内」もある。(問)実行委(大垣観光協会)=0584(77)1535

安城七夕まつり

2日(金)~4日(日)、愛知県安城市のJR安城駅一帯。沿道では1000本ほどの竹飾りが風に揺れる。「願いごと、日本一。」を掲げ、願いごとを書き込める短冊やキャンドルを用意。風船を一斉に飛ばす「願いごとふうせん」やステージイベントも。安城七夕神社では限定の御朱印(初穂料300円)が登場する。(問)協賛会=0566(76)5175

浜名湖おんぱく

3日(土)~12日(月・休)、静岡県湖西市内全域。地域の人たちが案内人となって一緒に体験する九つのプログラム。魚のつかみ取り体験、世界的造園家・故中根金作さんの手掛けた庭園で砂紋づくり体験、星空ナイトファンランニングなど。予約制。詳細は 公式HP で。(問)事務局=080(9111)5811

たんころりんの夕涼み

3日(土)~15日(木)日没後~後9、愛知県豊田市足助町の夏の風物詩。古い町並みの約1・5キロの街道沿いに、竹かごと和紙で作ったあんどん「たんころりん」が600基ほど並び、火の明かりが揺らめく。週末を中心に各所でバンドや三味線などのミニ演奏会あり。無料。(問)足助観光協会=0565(62)1272

プログラミング教育フェア

7日(水)、8日(木)前10、名古屋市港区のポートメッセなごや。小学校で必修化される「プログラミング教育」をテーマに、専門家によるセミナーやシステム展示をする。モデル授業などの体験も。入場無料。登録入場制。(問)事務局=052(950)3563

ダンボールスペースワールド

7日(水)~19日(月)、名古屋市千種区の名古屋三越星ケ丘店。8回目の開催となる「ダンボール遊園地」で今年は宇宙をテーマに楽しめる。UFOやスペースシャトルをイメージした滑り台のほか、親子で体験できるアトラクションも。中学生以上500円、3歳~小学生300円。(問)名古屋三越星ケ丘店=052(783)1111

なめくじ祭

9日(金)後6、岐阜県中津川市加子母の加子母大杉地蔵尊。旧暦7月9日の夜に、地蔵尊にある文覚上人の墓碑にはい上がるナメクジを拝む奇祭。出店や祭りにちなんだ三角くじ「なめくじ」の販売もある。ナメクジは若き日の上人が誤ってあやめた袈裟御前の化身とされる。(問)加子母総合事務所=0573(79)2111

空間に線を引く 彫刻とデッサン展

10日(土)~9月23日(月・祝)、愛知県碧南市の市藤井達吉現代美術館。橋本平八をはじめとし、柳原義達や舟越桂など具象、抽象の現代彫刻家20人のデッサンとそれに関連する彫刻を展示し、その魅力と創作の秘密に迫る。月曜(祝日の場合は翌平日)休館。一般700円、高大生500円、小中生300円。(問)同館=0566(48)6602

馬籠座歌舞伎=昨年

馬籠座歌舞伎=昨年

馬籠座歌舞伎

10日(土)と24日(土)後8、岐阜県中津川市の馬籠集会所。市内の東濃歌舞伎中津川保存会によるミニ公演。今年の演目は「青砥稿花紅彩画 稲瀬川勢揃いの場」(白浪五人男)。ヒノキ升とおひねりセット付きで500円。両日後3~5には、隈(くま)取りの化粧に、かつらと衣装を着け、振りの体験や写真撮影ができる「歌舞伎の役者体験」(1万2000円)も。隈取りを紙に写した「押し隈」が土産に付く。(問)ぎふ歴史街道ツーリズム事務局=0584(71)6134

中津川夏まつり おいでん祭(さい)本まつり

13日(火)後5、岐阜県中津川市のJR中津川駅前から中心市街地一帯。メイン会場の駅前通りで、旧苗木藩に伝わる400年前の絵図を再現した「風流(ふりゅう)おどり」、地元企業や市民の創作みこし、郷土芸能の太鼓などが披露される。(問)中津川商工会議所内の実行委=0573(65)2154

パリ凱旋・傘寿記念 与勇輝展

14日(水)~26日(月)前10~後8(19日は後6、最終日は後5)、名古屋市中村区名駅のジェイアール名古屋高島屋10階特設会場。シンデレラやピーターパンなど海外の物語を題材にした人形作品や日本の郷愁をテーマにした人形作品など150点を展示。(問)同店=052(566)1101

貝津田の棒の手

19日(月)後8~9、愛知県設楽町西納庫貝津田地区の諏訪神社。六尺棒や長柄鎌、槍(やり)、刀などを携えた地元保存会員らが拝殿前でおはらいを受けた後、ほら貝の合図で演武を奉納する。戦国時代、農民が自衛のために身に付けたとされる武芸。鋭い気合とともに六尺棒を繰り出し、相手の鉢巻きを飛ばす光景は圧巻。(問)町観光協会=0536(62)1000

“最恐”怪談師決定戦「怪談王2019」

24日(土)後2・30、名古屋市中区丸の内2の東建ホール・丸の内。全国6地区から選ばれた怪談師に昨年優勝者の“怪談和尚”こと京都・蓮久寺住職の三木大雲さんを加えた計8人による怪談トーナメントバトル。前売り券A席4000円(S席完売)。当日券は500円増。(問)中日新聞社会事業部=052(221)0955

永平寺大燈籠(とうろう)ながし

24日(土)、福井県永平寺町の九頭竜川永平寺河川公園。後7ごろ、曹洞宗大本山永平寺の役寮、雲水衆約100人による読経の後、先人たちへの供養を込め、九頭竜川に約1万基の燈籠が流される。クライマックスには花火約1000発も打ち上げられる。(問)実行委=0776(61)3921

陶工・河井寛次郎展

24日(土)~10月20日(日)前9・30~後5(10月1日からは後4・30)、愛知県瀬戸市南山口町の県陶磁美術館。京都国立近代美術館が所蔵する川勝コレクションの中から初期から晩年にいたる河井寛次郎作品と、交友関係のあった浜田庄司、バーナード・リーチ、富本憲吉の作品を展示し、河井の創作活動を振り返る。月曜(祝日の場合は翌日)休館。(問)同美術館=0561(84)7474

長良川薪能

30日(金)後6、岐阜市の長良川河川敷特設舞台。清流長良川と金華山、岐阜城を背景に優美な薪能を披露する。今年の演目は、修羅能の代表的な一曲「清経」や狂言「人を馬」など。演者は宝生流シテ方の宝生和英さん、和泉流狂言方の野村又三郎さんら。入場無料。事前申し込み不要。雨天・増水時は市民会館で。(問)市文化芸術課=058(214)4973、開催情報ダイヤル(当日のみ)=(0180)991509

祭

たてもん祭り

2日(金)後7・30、3日(土)後8・30、富山県魚津市諏訪町の諏訪神社周辺。約90個のちょうちん、ぼんぼりを三角形につるし下げた高さ16メートルの柱をそり台に立てた「たてもん」7基をひき回す。大漁と海上の無事安全を祈り、約300年前に始まったとされる。国連教育科学文化機関(ユネスコ)無形文化遺産、国重要無形民俗文化財。(問)市教委=0765(23)1045

桑名石取祭=昨年

桑名石取祭=昨年

桑名石取祭

3日(土)4日(日)、三重県桑名市本町の桑名宗社(春日神社)一帯。国重要無形民俗文化財でユネスコ無形文化遺産にも登録されている「日本一やかましい祭り」。試楽の3日は午前0時、桑名宗社の神楽太鼓を合図に「叩(たた)き出し」。各町内の祭車の鉦(かね)と太鼓が一斉に打ち鳴らされる。本楽の4日は後1ごろ、八間通を中心に39の祭車が勢ぞろい。後6・30ごろから1台ずつ、桑名宗社前で「石取ばやし」を奉納する渡祭でクライマックスを迎える。JTB三重支店が7月30日(火)まで祭車の鉦、太鼓叩き体験者を募っている。中学生以上6800円(ホテルでの夕食付き)。(問)桑名まつり実行委=0594(24)1231

 
須成祭=昨年

須成祭=昨年

須成祭

3日(土)後7・30と4日(日)前9・30、愛知県蟹江町須成の蟹江川。ユネスコ無形文化遺産に登録された祭礼。3日の宵祭(よいまつり)ではちょうちんで飾られた巻藁(まきわら)船が、翌4日の朝祭では人形を載せた車楽(だんじり)船が、蟹江川に登場する。(問)町観光協会=0567(95)1111

 
鳥出神社の鯨船行事=昨年

鳥出神社の鯨船行事=昨年

鳥出神社の鯨船行事

14日(水)、15日(木)、三重県四日市市富田地区一帯。全国33件の「山・鉾(ほこ)・屋台行事」の一つとしてユネスコ無形文化遺産に登録された行事で、14日に町練り、15日には神社境内で本練りがある。(問)市教委社会教育・文化財課=059(354)8238

 
田峯念仏踊り=昨年

田峯念仏踊り=昨年

田峯念仏踊り

17日(土)後6・30、愛知県設楽町田峯の田峰観音。亡くなった人々を供養し、観音様に感謝をささげる盆行事。念仏衆が鉦(かね)と笛のはやしに合わせ、太鼓を打ち鳴らしながら踊る。地面を蹴って勇壮に跳ね踊ることから「跳ね込み」とも呼ばれ、県無形民俗文化財に指定されている。住民による昔ながらの手踊りもあり、伝統の盆唄が境内に響く。(問)町観光協会=0536(62)1000

 
輪島大祭=昨年

輪島大祭=昨年

輪島大祭

22日(木)~25日(日)、石川県輪島市中心部。豊漁を願い奥津比咩(おきつひめ)神社を皮切りに、重蔵、住吉、輪島前(ざき)の各神社が催す。見どころは22、23日(金)後6・30ごろの海中渡御(とぎょ)。化粧をして髪を染めるなど女装した若衆が、みこしを担いだまま夜に海へ入る。みこしが海に入っている時間が長いほど豊漁になると伝えられる。(問)わじま観光案内センター=0768(22)1503

 
ぐず焼まつり=昨年

ぐず焼まつり=昨年

ぐず焼まつり

27日(火)後6・30、石川県加賀市動橋町の振橋神社周辺。災厄をもたらした伝説の怪魚「ぐず」の張り子を焼き払って退治する奇祭。見どころは、若衆が木枠に竹やこもを巻いて仕上げた全長10メートルの「ぐず」2基のJR動橋駅前での練り回しと、同神社での焼却。(問)実行委=0761(74)0715

花火

第40回記念「和倉名物三尺玉 北陸中日夏花火」=昨年

第40回記念「和倉名物三尺玉 北陸中日夏花火」=昨年

第40回記念「和倉名物三尺玉 北陸中日夏花火」

1日(木)後8・30~9・30、石川県七尾市和倉温泉。北陸中日新聞など主催。音楽と連動したスターマイン(速射連発)など約3000発が温泉街の夜空を彩る。小雨決行、中止の場合は2日(金)に順延。(問)和倉温泉観光協会=0767(62)1555

第40回日本ライン夏まつり

1日(木)~10日(土)、愛知県犬山市犬山の木曽川。9日(金)までは「ロングラン花火」で後7・50ごろから連日約200発を打ち上げる。10日は「納涼花火大会」で約3000発。荒天などで10日が中止の場合、13日(火)~20日(火)に2度目の「ロングラン花火」を振り替え実施する。(問)市観光交流課=0568(44)0342

長島温泉花火大競演

4日(日)、11日(日)~18日(日)、24日(土)、25日(日)のそれぞれ後8、三重県桑名市長島町浦安の遊園地ナガシマスパーランド。全国の一流花火師たちが、日替わりで趣向を凝らした花火1500発を打ち上げる。観覧無料だが、入園料が必要。(問)ナガシマスパーランド=0594(45)1111

2019びわ湖大花火大会=昨年

2019びわ湖大花火大会=昨年

2019びわ湖大花火大会

8日(木)後7・30~8・30、大津市の大津港周辺の琵琶湖畔。今年のテーマは「戦国ワンダーランド滋賀・びわ湖」。戦国時代に関する貴重な史跡や文化財、エピソードが残る滋賀県の魅力を1万発の花火で表現する。(問)びわ湖大花火大会コールセンター=050(5434)9169

三国花火大会

11日(日・祝)後7・30、福井県坂井市三国町の三国サンセットビーチ。名物は、花火師が船から花火玉を海に投げ込む水中花火。海面すれすれで美しい扇状に開く。最大2尺の打ち上げ花火、仕掛け花火、スターマインなど約1万発が夜空を彩る。(問)実行委=0776(50)3152

とうろう流しと大花火大会

16日(金)、福井県敦賀市の気比の松原海水浴場。後6・30、僧侶の読経の中、6000個のとうろうが流される。とうろうが海を漂う中、後7・30、1万3000発の花火が打ち上げられる。(問)敦賀観光協会(平日)=0770(22)8167、敦賀観光案内所(土日祝)=0770(21)8686

熊野大花火大会=昨年

熊野大花火大会=昨年

熊野大花火大会

17日(土)後7、三重県熊野市の七里御浜海岸。世界遺産の奇岩「鬼ケ城」から打ち上がるスターマインや海上で直径約600メートルにわたって半球状に広がる「三尺玉海上自爆」のほか、熊野古道の世界遺産登録15周年を記念した花火など計1万発が楽しめる。市や市観光協会の主催。(問)市観光スポーツ交流課=0597(89)4111、市観光協会=0597(89)0100

四日市花火大会

25日(日)後7・15、三重県四日市市の四日市港富双緑地。ミュージックスターマインやメッセージ花火など4000発が夜空を彩る。(問)実行委=059(354)8405

北びわ湖大花火大会

26日(月)後7・40~8・30、滋賀県彦根市松原町の松原水泳場。毎年彦根、長浜で持ち回り開催。夏の風物詩として親しまれ、彦根会場となる年は例年1日に開催してきたが、今年は開催時期をずらした。スターマインや市の人気キャラクター「ひこにゃん」をかたどった花火など7000発を打ち上げる。荒天時は中止。(問)実行委員会事務局の彦根観光協会=0749(23)0001

花

洲原ひまわりの里=昨年

洲原ひまわりの里=昨年

洲原ひまわりの里

11日(日・祝)~15日(木)、岐阜県美濃市下河和の洲原地域ふれあいセンター。長良川や三角屋根の建物を背景にヒマワリが咲き誇る。花畑の迷路や記念撮影用の衣装の貸し出しがある。11日前9~正午、オープニングセレモニー。ヒマワリ畑の迷路のテープカットや地元保育園児の歌と踊りの発表がある。12日(月・休)~15日の前10~後3、ハンドメード雑貨や飲食の販売ブースが並ぶ。(問)センター=0575(32)2105

スポーツ

夏の雪まつり

4、11、18、25日(日)名古屋市中区の大須スケートリンク。整氷時に出る氷を使った雪遊びコーナーの設置や初心者向けスケート教室など。11日は滑走料600円(貸靴料別)の特別料金でリンクを開放し、フィギュアエキシビションも開催。(問)名古屋スポーツセンター=052(321)1591

募集

こども絵画コンクール

「あそび」「スポーツ」「アウトドア活動」のいずれかをテーマに四つ切り画用紙に描く。対象は幼児から小学生。入賞者に賞状と記念品、応募者全員に参加賞。応募は1人1点まで。所定用紙を添えて、13日(火)~9月13日(金)に愛知県教育・スポーツ振興財団=052(242)1588=へ

メニコンカップ ボイメンスペシャルマッチ

9月8日(日)前11、名古屋市港区の市港サッカー場。小学生を対象としたミニゲームを開催。大会スペシャルサポーターのBOYS AND MEN(ボイメン)の水野勝さん、土田拓海さんがキャプテンとして参加。合同写真撮影も。定員は60人で応募多数の場合は抽選。15日(木)までに「メニコンカップ」の HP から申し込む。(問)中日新聞社スポーツ事業部=052(211)4420(平日前10~後6)

将棋日本シリーズテーブルマークこども大会

9月28日(土)前10、名古屋市港区のポートメッセなごや第3展示館。小学生以下(未就学児含む)が対象の将棋大会。低学年部門(3年生以下)と高学年部門(小4~6)で実施。申し込みは HP の申し込みフォームから。締め切りは9月17日(火)。(問)中日新聞社会事業部=052(221)0955

南木曽岳登山道修繕の木材運びボランティア

9月28日(土)前8、長野県南木曽町蘭(あららぎ)の南木曽岳蘭登山口集合。地元ボランティア団体南木曽山士会主催。登山口駐車場から登山道修繕用の木材を指定場所に運ぶ。数量限定で缶バッジや豚汁プレゼントも。(問)西尾さん=090(4523)2799

 
※祭礼や催事は変更もあります。開花状況などは気候に左右されるので、お出かけの際は確認をお願いします。

旅コラム
国内
海外