【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. ヨーロッパ
  5. ベルリン 見出しに困る名前は

ベルリン 見出しに困る名前は

2019年02月22日

 「クランプカレンバウアー氏」。ドイツのメルケル首相に代わって12月、与党キリスト教民主同盟(CDU)の新党首に選ばれた。それにしても長い名字だ。現時点では次期首相の最有力候補なだけに、新聞の見出し的には非常に悩ましい。

 名前はアンネグレート。独紙も見出しでは氏名の頭文字を取って「AKK(アーカーカー)」とすることが多い。ドイツ人も噛(か)みそうな長い名字は複合姓だから。旧姓はクランプで、夫の姓がカレンバウアー。ドイツでは結婚時、多様に姓の選択ができ、一方の姓に合わせないといけない日本とは大違いだ。

 長い名字といえば、かつて米カリフォルニア州知事だったシュワルツェネッガーさんは、愛称の「シュワちゃん」から、いつの間にか新聞でも「シュワ知事」がOKになっていた。

 地味なイメージのAKKだが意外な一面もある。ザールラント州首相時代に、地元のイベントにぶかぶかのスモック姿で登場。連邦議会の掃除係という設定で実在の議員をネタにしたトークで観客を爆笑させた。

 この際、持ち前のユーモアで秀逸なネーミングを自ら発信してほしいものだ。 (近藤晶)

旅コラム
国内
海外