【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. アメリカ・カナダ
  5. ラスベガス 社長は存在感示すも

ラスベガス 社長は存在感示すも

2019年03月18日

 スポットライトの中で舞台に現れ、数100人の記者たちに英語でビジョンを語る-。世界的な家電と自動車のショーで、米国流の記者発表に臨む日本人経営者の姿が印象的だった。

 ソニーの吉田憲一郎社長はラスベガスの世界最大の家電見本市「CES」に登壇。社長として初登場とあってやや硬さも感じたが「ソニーはエンターテインメントを創造する企業だ」と訴え、人気キャラクター「スパイダーマン」などのコンテンツを紹介。契約する米人気歌手ファレル・ウィリアムスさんと肩を組む姿は様になっていた。

 デトロイトで取材した北米国際自動車ショーでは、トヨタ自動車の豊田章男社長が、17年ぶりに復活するスポーツ車「スープラ」を運転して登場。話題の乏しいショーで最も注目を集めた車で、豊田氏は「これが将来トヨタから出す唯一のスポーツカーにならないことを願っています」と会場の笑いを取るなど、場の空気を支配していた。

 日本を代表する2人のトップは存在感を示した。だが、残念なのは層の薄さ。CESに参加した日本企業は60社で、中国の1200社の20分の1。これでは何とも寂しい。 (白石亘)

旅コラム
国内
海外