【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. ヨーロッパ
  5. ローマ 亥年にイノシシ注意

ローマ 亥年にイノシシ注意

2019年03月19日

 亥(い)年に入ってイタリアでもイノシシが注目されている。といっても、トスカーナ州などで郷土食として珍重されるイノシシ料理ではない。

 新年早々、数頭が高速道路脇の柵の下を掘り進んで路上に侵入、車3台が追突する事故が起きて、死傷者が出たためだ。農作物や残飯を求めて、ここローマでも目撃されるイノシシ。その数が増えすぎて、看過できない状況になっている。

 20世紀前半に在来種が激減し、第二次大戦後、狩猟用に東欧などから持ち込まれたイノシシは、2000年に50万頭、15年には100万頭を超えたと推計されている。一方、50年ほど前に絶滅したと思われていた天敵オオカミも1800頭ほどに回復。だが、侵略的外来種に指定される貪欲な雑食で多産のイノシシを減らすには、オオカミによる捕食では間に合わない。

 そこで登場するのが狩猟家だが、ライセンス保持者も1980年の170万人から2017年の58万人に

旅コラム
国内
海外