【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. 韓国
  5. ソウル ごみは流しませんよ

ソウル ごみは流しませんよ

2019年03月22日

 韓国では、使用したトイレットペーパーを流さず、便器脇のごみ箱に捨てることが多い。下水管が詰まりやすいからだというが、日本人にとっては苦手な習慣の一つだ。もっとも普通のマンションやホテルなどでは流せるし、1年ほど前から、行政安全省が公衆トイレからのペーパー用ごみ箱撤去を指導し、流せるトイレは格段に増えた。

 先日、ソウルの大統領府前にある「青瓦台(チョンワデ)サランチェ(客間)」に行ったときのこと。「韓国の歴代大統領の足跡と伝統文化が理解できる総合観光広報館」で、国内外の観光客が訪れるのだが、トイレに入ってがっかりした。清潔で、温水洗浄便座まで備えているのに「トイレットペーパーはごみ箱に捨ててください」と書かれていたのだ。

 「国の顔である大統領を紹介する場所で」と思いつつ表示をよく読み、おかしなことに気付いた。中国語、英語、日本語でも注意書きがあり、日本語だけ「ゴミはゴミ箱へ」とある。紙でなくゴミなのは、書き間違いか、多くの訪問者の中で日本人ぐらいは流しても支障がないのか・・・。勝手に後者だと解釈、詰まらなかったのを確かめてトイレを出た。 (境田未緒)

旅コラム
国内
海外