【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. 中国
  5. 北京 ポイも網もつらいよ

北京 ポイも網もつらいよ

2019年12月04日

 子ども時代、「金魚すくい」で上手に捕れず悔しい思いをした人は、中国版の金魚すくいに挑戦してみたらどうだろうか。中国版は、日本のように紙でできた「ポイ」を使わず網ですくうので、面白いほど簡単に捕ることができる。

 催し会場、公園などでよく目にする。畳3枚ほどの大きさのビニール製プールに、1000匹以上の金魚が泳ぐ。まわりに陣取った子どもたちが、魚捕り用のたも網で追いかける。金魚も必死に逃げるが、次々とすくい上げられ、バケツに放り込まれる。

 小学3年生になる長男が夢中になり、毎週のように行きたがる。30元(約450円)で30分間捕り放題。だが成果に関係なく持ち帰れるのは3匹までだ。みんな100匹以上は捕まえるので、大半はプールに戻すことになる。

 金魚たちは一日中、捕まって放されて、を繰り返すので、だんだんと弱っていく。妻は死んで浮いた金魚を見て、「残酷だ」と顔をしかめた。日本で中国版の金魚すくいをやれば、動物愛護団体から苦情を受けそうだ。金魚にとってみれば、日本式も中国式も五十歩百歩かもしれないが。 (坪井千隼)

旅コラム
国内
海外