【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. 中東・アフリカ
  5. カイロ ギネス 試される愛国心

カイロ ギネス 試される愛国心

2020年05月27日

 失敗は許されない-。そんな緊張感に満ちていた。エジプトの世界遺産「ギザの3大ピラミッド」近くで進む、新たな考古学博物館の建設現場で昨年末、コーヒーを入れた紙コップを並べて世界最大のモザイク画を作るイベントがあった。

 使われたコーヒーは7260杯。2012年に米ハワイで作られたギネス世界記録を更新したが、完成後に全てのコーヒーを無駄なく飲むのが条件。野外に置かれたコップには虫やほこりが入り、ギネス記録員から注文が付けられた途端、にぎやかな雰囲気が一変した。

 来賓だった軍高官が現場を取り仕切り、報道陣を遠ざけてスプーンで虫などを取り除く。並ばされた建設作業員たちは、そのコーヒーを飲まなければならない。苦々しく見ていた記者に、地元記者の1人は「国に協力すべきだ」と真剣な表情だ。

 エジプト人は愛国心が突出して高い人たちだ。11年の民主化運動「アラブの春」後の混乱で、軍部主導のシシ政権誕生を受け入れたのも、国の安定を優先した愛国心の発露とも言えるだろう。このイベントが日本なら、コーヒーを飲んだだろうか。 (奥田哲平)

旅コラム
国内
海外