【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. アメリカ・カナダ
  5. 米デモイン ボランティアの予言

米デモイン ボランティアの予言

2020年05月26日

 「トランプは戦争しようとすると思う。選挙前の可能性は半分」。米大統領選取材で昨年12月、アイオワ州デモインを訪れた時のこと。民主党のボランティアを長年続けるルイスさん(66)は、トランプ大統領が再選に向け対外的な強硬策に出るのでは、と懸念していた。

 米イラン関係が年明けに緊迫し、その言葉を思い出した。米国は独立国の軍司令官を爆撃し殺害した。司令官は中東各地で米軍への攻撃を促していたとされ米国は「自衛の措置」と主張するが、「先制攻撃」とみなされてもおかしくない行為だ。

 双方の自制もあり、全面衝突には至らなかった。「トランプ氏は初めから戦争する気はなかった」と指摘する専門家もいるが、戦争は意図しなくても読み間違いでエスカレートし起こる可能性もある。実際この緊張の中「誤射」で民間機が撃墜され、1歳の女児ら子どもを含む176人が死亡してしまった。

 ルイスさんは「トランプは自らのため国民の命を危険にさらすだろう」と言っていた。危険にさらされるのは米国人だけではない。政治ゲームのような駆け引きで、命が犠牲になることに怒りが湧いた。(金杉貴雄)

旅コラム
国内
海外