【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. アジア
  5. バンコク 「正月延期」でも大丈夫

バンコク 「正月延期」でも大丈夫

2020年07月05日

 1年で最も暑い季節が、間もなくやってくる。そのさなかの旧暦の新年は、もともと仏様や目上の人たちの手に水を掛け、敬い、お清めをする習わしだった。それが暑気払いにぴったりとばかりに、行き交う人同士で水を掛け合うお祭り騒ぎが、今やなじみの光景に。タイの旧正月、4月のソンクラーンだ。

 田舎や都会のそこかしこで、バケツや水鉄砲、ホースで水を浴びせ合う無礼講が繰り広げられる。タイ生まれの50代の知人の記憶では、子どものころからの年中行事。そのソンクラーン休暇が、今年は延期になる。

 街に働きに出てきている人たちは大挙して帰省し、海外旅行者も押しかける。中国の春節に、新型コロナウイルスが拡散した。二の舞いを避ける苦肉の策に、タイの知人は「正月を延期って変な感じ。クリスマスは動かないし」。でも「今、連休があっても出掛けられないし、むしろありがたいか」と、細かいことにはこだわらない様子だ。

 旧正月休みをいつ迎えられるのか、まだはっきりしない。ただ、祭り好きで陽気な国民性。終息後、例年以上の盛り上がりで、この閉塞(へいそく)感を吹き飛ばしてほしい。 (岩崎健太朗)

旅コラム
国内
海外