【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. 韓国
  5. ソウル マイストローいいね

ソウル マイストローいいね

2020年07月09日

 プラスチックごみの増加が問題になっている韓国。環境省によると、2017年にはプラスチック廃棄物の排出量が前年から約50%も増加。1年間に排出される資源ごみは、国民1人あたり使い捨てコップ510個、ビニール袋420枚との統計もある。

 政府も削減に力を入れ、取り組みは日本より進んでいる印象を受ける。スーパーだけでなくコンビニもレジ袋は有料。カフェやファストフード店では、店内の飲食には使い捨て容器を使用しないところが多い。

 さらに、世界的な大手コーヒーチェーンでは、ストローも紙製のものを提供。日本の同チェーンでも今年から導入が始まったが、1つ難点がある。

 時間がたつにつれてふやけてくることだ。カフェでは読書や仕事など、長時間滞在することも少なくない。交換したくても、ごみ削減の趣旨に反しているようで気がひける。そこで最近、増えているのが「マイストロー」。通販サイトを見ると、ステンレス製やおしゃれなケース付きなど多彩な製品が販売されている。これならふやける心配はない。1つ購入してみよう。 (中村彰宏)

旅コラム
国内
海外