【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. ヨーロッパ
  5. パリ 分かっちゃいるけど…

パリ 分かっちゃいるけど…

2020年08月13日

 歓声を上げて駆け寄り、抱き合う少女ら。歩道の真ん中で、延々と濃厚な接吻(せっぷん)を続けるカップル。フランスで新型コロナウイルス対策の厳格な移動制限が緩和された11日、首都パリのあちこちで久々の再会を喜ぶ市民の姿があふれた。

 仏政府は3月17日から厳格な移動制限措置を実施した。食料品店や薬局のみ営業を許可し、外出も自宅から1キロ圏内、1時間以内に制限。パリでは日中、運動のための外出も禁じた。緩和で大半の商業施設は再開できるようになり、移動も自宅から100キロ圏内は自由になった。55日ぶりの解放感は大きい。

 政府は「引き続き感染防止が大事。対人距離を保って」と呼び掛けるが、街の様子を見ると国民はどこ吹く風だ。セーヌ川岸や公園周辺では、好天も手伝って年代を問わず市民が集まった。マスクが定着したとはいえ、しない人も目立つ。

 一方で世論調査では国民の87%が「感染者数が再び増える第二波が来ると思う」と回答した。危機感はあるようだが、実際の行動との温度差に戸惑う。自分だけは大丈夫という過信があるのか。まだまだ気の抜けない日が続きそうだ。 (竹田佳彦)

旅コラム
国内
海外