【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. ヨーロッパ
  5. ロンドン 乗客増加に比例して

ロンドン 乗客増加に比例して

2020年09月26日

 気持ち良く晴れた朝でも、初老の女性は、雨傘を手にしていた。ロンドン西部の地下鉄駅。気になって見ていると、女性は他の乗客が歩いてくるたび、腕と傘を地面と水平に伸ばして自分に近づけないようにした。新型コロナウイルスの感染を防ぐ社会的距離を確保するためだ。

 「駅のエスカレーターでは他人と6段の間隔を空けてください」「乗車の時はマスクを着けなければいけません」。外出制限の緩和が進むロンドンでは、買い物や通勤で地下鉄の乗客が増え、駅では感染への警戒を呼び掛けるチラシが目立つ。

 私が通勤で使う地下鉄では、乗客の多くは2人分以上の間隔を空けて座席に座り、他の人は車両の両端で立つ。距離をとるのが難しい車両に乗って慌てて降りることはたびたびで、すぐ隣に陣取られて座席を移ることも。マスクをしない集団が乗り込むと空気が張り詰め、遠ざかろうと何人かが席を立つ。

 7月上旬には飲食店や娯楽施設が約3カ月半ぶりに営業を再開した。地下鉄の乗客はますます増えるはず。日常に近づいていくようで、どこかうれしい。もちろん、通勤中の気苦労は増えるのだが。 (藤沢有哉)

旅コラム
国内
海外