【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. ヨーロッパ
  5. 英 トーキー 久しぶりの旅は最高

英 トーキー 久しぶりの旅は最高

2020年10月05日

 取材のため、イングランド南西の街トーキーを訪れた。発音は、後半の「キー」の方を強調する。ミステリーの女王アガサ・クリスティの故郷であり、彼女が終生を過ごした土地である。風光明媚(めいび)なビーチリゾートは、古くから貴族に愛され「英国のリビエラ」と呼ばれる。

 ロンドンから渋滞にはまりながら運転すること約5時間。海を望む家々が並ぶ住宅街で取材を終え、ビクトリア時代に建てられたゲストハウスへ到着した。新型コロナウイルスにより、欧州中を飛び回っていた生活に終止符が打たれ、鬱々(うつうつ)とすること5カ月。ようやく自宅以外で眠りについた。

 久しぶりのイングリッシュ・ブレックファストは過去最高に美味だった。英国由来の料理で、あれほどおいしいと思ったことはない。これも、旅への憧憬(しょうけい)がなせる業か。

 波がなかったので、大きなボードの上に立って、パドルをこぐサップで沖へこぎ出した。耳慣れない音がしたので振り返ると、ビーチの向こう、蒸気機関車が白い煙を出しながら、右から左へ横切っていた。予想もしていなかった絶景。やっぱり旅はいい。 (沢田千秋)

旅コラム
国内
海外