【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. 韓国
  5. ソウル 米高官が好んだ味は

ソウル 米高官が好んだ味は

2021年02月08日

 鶏肉をネギやジャガイモなどと煮る韓国の鍋料理「タッカンマリ」。韓国語で「鶏1羽」を意味する。彼は、愛すべき「ミスター・タッカンマリ」として韓国人の記憶に残っていくのかもしれない。米トランプ政権のビーガン国務副長官である。

 北朝鮮担当特別代表を務めた2018年から、韓国を訪れるたびにソウル中心部の専門店に通った。先月、現職でおそらく最後となる訪韓をした際も店を訪れて食べ納めした様子が、地元メディアで報じられていた。

 後日、私も訪れてみた。鍋は2人前で2万ウォン(約1900円)ほどと手ごろで、想像以上に素朴な味だ。ビールと焼酎を混ぜて爆弾酒で乾杯するサラリーマン風のグループの姿があった。

 トランプ大統領はトップダウンで金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長と史上初の米朝首脳会談を実現したが、非核化交渉で具体的な成果は上がらなかった。それでも、男性常連客は「ビーガン氏は、庶民目線で朝鮮半島を知ろうとした。高級食堂でなくこの店を選んでくれた」とかばった。

 バイデン新政権がまもなく発足する。北朝鮮担当の高官がどんな韓国飯を好むのかも、注目したくなった。 (相坂穣)

ぶらっ人お薦めツアー

    現在この情報はありません。

旅コラム
国内
海外