【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. 中国
  5. 北京 悩ましいワクチン接種

北京 悩ましいワクチン接種

2021年03月18日

 「ワクチンを早く打った方がいいのかな。もう少し様子を見た方がいいのかな」。北京の知人との間で、新型コロナウイルスのワクチン接種が話題に上がる機会が増えた。

 中国では昨年末に国内ワクチンが承認され接種が本格化。医療従事者に加え交通機関や市場関係者、宅配事業従業員など感染リスクが高いと考えられる職業の人などが優先的に接種しており、一般市民と続く。

 国外メディアからは臨床試験データの不開示や中国政府の発表の不透明さを理由に、中国製ワクチンの安全性に疑念の声が上がる。一方で政府や官製メディアは、重い副反応の可能性は非常に低いとして安全性をアピールし、接種を推奨する。

 一般市民は外国メディアの報道に接する機会はほとんどないが、接種は健康に大きく関わる問題だ。政府のメッセージをうのみにせず、情報を集め慎重にリスクを見極めようとする人も。当地では感染が比較的抑えられており、接種を「急ぐ必要はない」と考える人も少なくない。

 今後、中国在住の日本人も順番が回ってくるかもしれない。自分や家族は接種すべきか、正直悩ましい。 (坪井千隼)

ぶらっ人お薦めツアー

    現在この情報はありません。

旅コラム
国内
海外