【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. 中東・アフリカ
  5. オマーン・サラーラ 1500本の義足を作る

オマーン・サラーラ 1500本の義足を作る

2022年02月15日

 右足に真新しい義足を着けた男の子が、うれしさをこらえ切れずに満面の笑みを浮かべていた。その写真を見たとき、「彼」の手掛ける仕事の尊さを実感した。オマーン南部サラーラにある施設で、義足を作る技師を取材したときのことだ。

 シリア人技師のアルハサンさん(31)は、シリア内戦が始まった2011年にトルコに逃れた。そこで技師となり、内戦で傷ついたシリア人に義足を作り続けた。その後、イエメンの施設に移動し、現地で働く様子を私の前任者が取材している。

 それから約2年後。再び現れた日本人記者を、アルハサンさんは歓迎してくれた。サラーラでは主にイエメン内戦の被害者に義足を作っているといい、製作過程も丁寧に説明してくれた。これまでに作った義足は1500本を超えるという。

 作っても、作っても、義足を求める人は後を絶たない。気がめいることはないのか尋ねると、自身の手掛けた義足を着けた人の顔を見ると、喜びしか感じないという。「彼らが新たな人生を始める手伝いをしたい」。その言葉通り、彼の義足は内戦被害者の一部となり、共に歩みを進めている。 (蜘手美鶴)

ぶらっ人お薦めツアー

    現在この情報はありません。