【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. ヨーロッパ
  5. ウクライナ・オデッサ ロシア信奉の街にも

ウクライナ・オデッサ ロシア信奉の街にも

2022年05月12日

 黒海に面したウクライナのオデッサは、帝政ロシア期の残り香が漂う港町。ロシア語を母語とする住民が多く、道端でも商店でも、ほぼロシア語しか聞こえない。ロシアの体制下で栄えた歴史があるからだろう。「大ロシア主義」の市民にも少なからず出くわした。

 銃器店で働くキリルさん(49)もその1人。その頃、話題だったロシア軍の侵攻説について聞くと、「戦争はさすがにあり得ないが、元をたどればウクライナの東半分はロシアみたいなものさ」と笑っていた。

 キリルさんの父はベラルーシ人、母はウクライナ人だが「ロシアこそが旧ソ連諸国を束ねる盟主」と信じている。ウクライナ人の女性(72)も「ロシアは決して他国を侵略しない。ロシアとはすなわち正義だ」と熱心に語っていた。

 でも2月24日、ロシアのプーチン大統領の命令で侵攻が始まった。オデッサにもミサイルが撃ち込まれた。20人以上が死んだ。ロシアを信じてきた人々が街から逃げ出している。

 キリルさんたちも現実に戸惑い、悲しんでいるだろう。オデッサのニュースを目にすると胸がふさがる。

ぶらっ人お薦めツアー

    現在この情報はありません。