【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. 中国
  5. 中国・西安 あぁ…未完マンション

中国・西安 あぁ…未完マンション

2022年05月31日

 数々の遺跡や文化財がある古都で中国有数の観光地・陝西省西安。だが今、建設途中で放置されたマンションが社会問題に。地元メディアによると、西安の未完成マンションの数は河南省や雲南省などと並び全国的に多く、約2000棟に上るという。

 「夫婦で長年働き、やっと購入したマンション。ついのすみかになるはずだったのに、いったいどうしたらいいのか」。自転車修理業の李進洪(りしんこう)さん(51)は嘆いた。8年前に45万元(約800万円)で部屋を購入したが、開発業者が経営難に陥り、今も完成のめどが立っていない。

 中国では右肩上がりの土地価格を前提に、地方政府は不動産開発に伴う土地の払い下げで、財政収入を確保。業者は建設前に住宅を販売して開発資金に充ててきた。だが経済成長の鈍化で、土地価格の上昇もストップ。経営見通しの甘い業者は資金繰りに行き詰まり、李さんのようなケースが相次いでいる。

 日本のバブル崩壊もそうだが、土地価格の上昇はいつか止まり、誰かがツケを払わされる。だが、李さんのような立場の弱い庶民が割を食うのは、何ともやるせない。

 (坪井千隼)

ぶらっ人お薦めツアー

    現在この情報はありません。