【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. 中東・アフリカ
  5. カイロ 焼きいも露店で訓練

カイロ 焼きいも露店で訓練

2023年04月19日

 カイロの路上には、12月を過ぎると焼きいもの露店が現れる。いわゆる「冬の風物詩」というやつで、リヤカー風の荷台に小さな窯を載せ、薪をくべて、いもを焼いている。初めて見たときは「焼きいも文化があるとは!」と感激したものだ。

 エジプトの焼きいもは、日本のものとは少し味が違う。見た目はほぼ同じだが、甘さは控えめで、やや酸味があるのが特徴だ。大人の拳2つ分ほどの巨大なものから、10センチほどの小さなものまであり、若者たちが路上で立ち食いを楽しんでいる。

 さて、この焼きいもの露店、外国人にはちょっとした「訓練の場」にもなる。エジプトでは外国人には値段をつり上げるのが当たり前で、焼きいもの露店では、そこをどう見切って防ぐかの腕が磨かれる。私も最初は気づかずに、数倍の値段を支払っていた。何度も悔しい思いをしたおかげで、防衛と交渉の術(すべ)を身に付けることができた。

 交渉は満面の笑みで開始、が基本。「ちょっと高い」と言って値切りエジプト人価格に下がるまで、張り付いた笑顔で押し切る。ただ、値切り過ぎると本気で怒られるので、その辺の見極めも大切だ。 (蜘手美鶴)