【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. アメリカ・カナダ
  5. ワシントン クリスマスにチキン

ワシントン クリスマスにチキン

2023年04月24日

 クリスマスが近づくと、米国でも小売店にはプレゼント用のおもちゃや雑貨、お菓子などがところ狭しと並ぶ。そんな楽しい雰囲気が募る年末だが、単身赴任の身には、寒風ばかりが吹き付ける。

 せめて料理だけでも豪華に、と思って、スーパーをのぞいてみたのだが、どうも違和感がある。その違和感の正体が、フライドチキン専門店の前を通りかかった時に氷解した。クリスマスだからといって、チキンを大々的に扱っていないのだ。

 大手ケンタッキーフライドチキン(KFC)が、「クリスマスにチキン」が日本独特の文化になった経緯を解説している。いわく、1970年代に日本在住の外国人がクリスマスに東京のKFCを訪れ、「日本ではターキー(七面鳥)が手に入らないから、KFCで祝うしかない」とこぼしたそう。それをヒントに、74年にクリスマスに向けたキャンペーンを開始。大ヒットして定着したそうだ。

 米国人の同僚によれば、今は七面鳥を食べる家庭も減り、クリスマスの定番料理というものはないらしい。楽しい街角を横目に、何を食べようか一人で悩む日々が続いた。 (吉田通夫)