【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【滋賀】長浜中心部で「お雛さまめぐり」 3月10日まで

【滋賀】長浜中心部で「お雛さまめぐり」 3月10日まで

ジャンル・エリア : イベント | 展示 | 文化 | 歴史 | 近畿  2019年02月15日

鮮やかな色使いのつるしびな=長浜市元浜町のまちづくり役場で

鮮やかな色使いのつるしびな=長浜市元浜町のまちづくり役場で

 長浜市中心部の約80カ所を多彩なひな人形で彩る「長浜のお雛(ひな)さまめぐり」が3月10日まで、黒壁スクエア一帯で開かれている。商店街の店舗や民家、観光施設にひな人形を展示しており、江戸時代中期の享保びなやガラス製のおひなさまなど、趣の異なる作品が来場者の目を楽しませている。

 地元の活性化に取り組むNPO法人・まちづくり役場(同市元浜町)が企画した。客足が遠のく2、3月のにぎわいづくりにと2008年に始め、ことしで11回目を迎えた。

 手すき和紙店「玉八紙店」(同市大宮町)には、江戸時代後期の作という高さ約50センチの大ぶりな女びなと男びなを展示。同店の西田朝子さん(70)は「古い蔵に保管していて、保存状態はよい。大勢に見てほしい」と笑顔を見せた。

 まちづくり役場にも地元の主婦グループが作った「つるしびな」が展示され、メンバーの原田桂さん(31)は「歴史の古いひな人形だけでなく、手作りの品も多い」とアピールする。

 まちづくり役場は期間中、展示場所を紹介する地図を無料配布している。23日午後2時からは、おひなさまの歴史や飾り方に関する講演会をまちづくり役場で開く。(問)まちづくり役場=0749(65)3339

 (相馬敬)

旅コラム
国内
海外