【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【石川】幸せいっぱい 絵画50点 小松・興宗寺 ダウン症画家展示へ

【石川】幸せいっぱい 絵画50点 小松・興宗寺 ダウン症画家展示へ

ジャンル・エリア : 展示 | 石川 | 芸術  2019年03月05日

居川晶子さんの作品を紹介する但馬晃代さん(左)=小松市月津町で

居川晶子さんの作品を紹介する但馬晃代さん(左)=小松市月津町で

 ダウン症の画家居川晶子さん(48)=兵庫県芦屋市=の個展「カラフルアート展」が9日、小松市月津町の興宗寺で始まる。居川さんの個展が北陸地方で開かれるのは初めて。寺の坊守但馬晃代さん(59)は「絵から幸せがあふれてくるよう。多くの方に見に来てほしい」と話す。

 居川さんは30歳ごろから創作活動を始めた。2012年にはパリ国際サロンに出品、15年には東久邇宮記念賞を受賞。関西を中心に各地で個展を開いている。カラーペンと何色ものアクリル絵の具を使い、笑顔がかわいらしい地蔵、羽を広げた華やかなクジャクなどを色彩豊かに描いている。

 9日は午後1時半から居川さんが寺を訪れ、絵をその場で即興で描く。居川さんは「皆さんと話をしながら絵を描くのが楽しみ」と話している。母の隆子さんは個展会場で「ダウン症の子を育てて」と題した講演会を開く。

 個展は、居川さんの絵をテレビやインターネットで見て、一目ぼれした但馬さんが企画した。約50点の作品を鑑賞できる。展示は10日まで。入場料が500円かかる。仏教婦人会員は無料。(問)興宗寺0761(44)3004 (長屋文太)

旅コラム
国内
海外