【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【滋賀】着物通じ岩手を支援 11日から草津で手仕事展

【滋賀】着物通じ岩手を支援 11日から草津で手仕事展

ジャンル・エリア : イベント | 展示 | 近畿  2019年03月11日

被災者が手作りしたバッグやランチョンマットを販売する会場=草津市大路のエルティ932で

被災者が手作りしたバッグやランチョンマットを販売する会場=草津市大路のエルティ932で

 東日本大震災の被災地を着物を通じて支援する「被災地の女性手仕事作品展」が11日から3日間、草津市大路のエルティ932 2階で開かれる。

 被災した岩手県の女性たちが、全国から着物の寄付を受けて作ったバッグや帽子、ランチョンマットなど多彩な布製品を展示、販売する。制作活動に使うため、使わなくなったウールや木綿の着物の寄付も受け付ける。収益の全額や、寄付された着物は岩手県の被災者に送られる。

 エルティ・ガーデン商店会が主催、NPO法人「きものを着る習慣をつくる協議会」が協賛して開催し、4年目。昨年は500枚の着物が集まり、収益15万円を被災地に送った。

 同協議会の増倉昭二専務理事(71)は「皆さん、手間をかけて制作してくれている。使わない着物で被災した方に喜んでもらえるので、ぜひ寄付をお願いしたい」と呼び掛けている。

 (岡屋京佑)

旅コラム
国内
海外