【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【富山】高岡銅器や漆器 新作の販売開始 新高岡駅ギャラリー

【富山】高岡銅器や漆器 新作の販売開始 新高岡駅ギャラリー

ジャンル・エリア : 富山 | 工芸品  2019年03月14日

桜など春らしいデザインの高岡銅器や高岡漆器の新作が並ぶ売り場=北陸新幹線新高岡駅で

桜など春らしいデザインの高岡銅器や高岡漆器の新作が並ぶ売り場=北陸新幹線新高岡駅で

 北陸新幹線新高岡駅の観光交流センター内にある伝統工芸・クラフトギャラリー「GALLERY MONONO-FU」は13日、高岡銅器や高岡漆器の春向け新作42点の販売を開始した。

 桜やチューリップをモチーフにした春が感じられる商品が並ぶ。螺鈿(らでん)細工で桜の花びらを表現した「盃(さかずき) SAKURA」(1万1100円)、桜と梅の形をしたスズ製の「フラワートレーミニ2個セット」(3780円)、「平安手鏡 桜」(同)、「箸置き さくら」(同)など高岡の伝統工芸の技が生み出す上質な土産品が目を引く。価格はいずれも税込み。

 春向け商品のほか、高岡銅器、高岡漆器、井波彫刻、庄川挽物木地、越中和紙、越中福岡の菅笠(すげがさ)などの商品も買い求めることができる。市産業企画課主事の本間里穂さん(28)は「春っぽい新作ばかりです。高岡にお越しの際はお土産や贈り物として、ぜひ手に取ってみてほしいです」とPRする。 (武田寛史)

旅コラム
国内
海外