【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【富山】天皇即位 お稚児さんで祝おう 射水神社、きょうから募集

【富山】天皇即位 お稚児さんで祝おう 射水神社、きょうから募集

ジャンル・エリア : 富山 | 神社・仏閣  2019年03月20日

稚児社参に身に着ける稚児衣装一式=高岡市の射水神社で

稚児社参に身に着ける稚児衣装一式=高岡市の射水神社で

90年「平成御大典記念」以来

 射水神社(高岡市古城)は5月1日の新天皇即位を奉祝する「稚児社参(ちごしゃさん)(お稚児さん)」を同月5日に斎行する。同神社が稚児社参を執り行うのは1990年の平成御大典(ごたいてん)記念以来。稚児の参加申し込みは20日から受け付ける。

 稚児社参は5月5日午後2時に御旅屋通り(大和高岡店前)を出発して神社までの約1キロを歩き、神社で特別参拝する。稚児は男児が金烏帽子(えぼし)、女児が天冠をかぶり、衣装を身に着ける。衣装は京都府の装束店の貸し装束を使用。稚児の定員は300人。参加者は生後半年から小学生低学年ぐらいを想定している。

 稚児社参は、子どもが平安風の衣装を身に着け、家族で神社に参拝する特別な儀式。社殿の完成などの記念の節目に行うが、参加できる機会は少ない。

 同神社は19日に、稚児社参で使用する稚児衣装を披露。松本正紀権禰宜(ごんねぎ)(36)は「お稚児さんの参拝は、その時の巡り合わせ。新天皇陛下の即位を奉祝し、弥栄をことほぎ、稚児の幸せと健康な成長を願うものです」と、にぎやかな稚児行列に期待した。

 衣装代、記念品、神殿屋根の銅板をふき替えるための記念銅板のセットで、参加初穂料は1人1万3000円。衣装は身長85センチ以下~146センチの6サイズ。受け付けは4月20日までで、同神社に申込書と初穂料を納めて申し込む。(問)射水神社0766(22)3104

 (武田寛史)

旅コラム
国内
海外