【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【岐阜】「令和」の和紙、思い出に 美濃、落水紙制作体験始める

【岐阜】「令和」の和紙、思い出に 美濃、落水紙制作体験始める

ジャンル・エリア : 岐阜 | 工芸品  2019年04月09日

4月から作れるようになった「令和」の落水紙=美濃市の美濃和紙の里会館で

4月から作れるようになった「令和」の落水紙=美濃市の美濃和紙の里会館で

 和紙の手すき体験が人気を集める美濃市の美濃和紙の里会館は4月、新元号「令和」の2文字を入れた落水紙の制作体験を始めた。

 落水紙は、すきたての和紙にシャワーで水を落とし模様を付けた紙。網目やプラスチックフィルムの型を紙の上に置いてシャワーを当てることで、好きな模様ができる。これまで動物や星の形をした型を置いていたが、新たにプラスチックフィルムを切り取り、「令和」の型を用意した。

 春休みで両親と来館し、早速令和の落水紙を作った岐阜大付属中学校1年女子生徒(12)は、出来上がった紙を前に「元号が発表された時の思い出として大切に取っておきたい」と喜んでいた。

 体験料は500円。入館料として大人500円、小中学生250円が別途必要。

 (鈴木太郎)

旅コラム
国内
海外