【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【石川】能登ふぐ 堪能して 穴水の街 味で活気

【石川】能登ふぐ 堪能して 穴水の街 味で活気

ジャンル・エリア : まちおこし | グルメ | 特産 | 石川  2019年04月09日

能登ふぐを使ったコース料理とピザを紹介する田尻圭和さん=穴水町川島で

能登ふぐを使ったコース料理とピザを紹介する田尻圭和さん=穴水町川島で

飲食店きょうから フルコースとピザ

 水揚げが最盛期を迎えている特産「能登ふぐ」を楽しんでもらおうと、穴水町川島の飲食店「蔵カフェ菜々(さいな)」は9日、独自のフルコース料理と、白子を使った一風変わったピザの提供を始める。提供は6月中旬ごろまで。(田井勇輝)

 コースは人気の高いてっさや竜田揚げ、白子の塩焼きのほか、郷土料理の真子のぬか漬けをのせたおにぎりのお茶漬けなど7品が付いて税抜き3500円。ピザは6切れの白子と、ねぎをちりばめた創作の料理で同1500円。マフグを使うことで価格を抑えられた。

 板前の田尻圭和(よしかず)さん(54)は「地元の新鮮なフグの料理を低価格で用意するので、ぜひ満喫しに来てほしい」と話した。ピザは自信作と胸を張り、「白子のクリーミーさと上品な味わいを感じられる」と魅力を語った。

 天然フグの都道府県別の漁獲量で石川は2017年、656トンで2年ぶりに1位に輝いた。産卵期の4、5月になると、産卵場の能登地方に回遊してくる。

 菜々は食で地域おこしに貢献しようと、旬の特産物をふんだんに使った独自のコース料理を提供する。2月から行ったシイタケ「のと115」と能登かきを生かしたコース(現在は終了)に続く第2弾。ふぐ料理は前日までに予約が必要になる。定休日は月曜。(問)菜々0768(52)0855

旅コラム
国内
海外