【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【富山】開放的 高所から観光 富山でオープントップバス

【富山】開放的 高所から観光 富山でオープントップバス

ジャンル・エリア : 乗り物 | 富山  2019年05月23日

(上)日常とは違った目線から富山城などの景色を楽しむ関係者たち(下)立山連峰を背景に富山大橋を進むオープントップバス=いずれも富山市で

(上)日常とは違った目線から富山城などの景色を楽しむ関係者たち(下)立山連峰を背景に富山大橋を進むオープントップバス=いずれも富山市で

 屋根を取り払った2階建てバス「オープントップバス」の運行が22日、富山市内で始まった。市中心部を周遊する40分のコース。立山連峰や富山城といった富山ならではの景色を日常とは違った目線から楽しめる。6月30日まで。

 バスは市内を走る路面電車を見下ろせるほどの高さで3.8メートル。2階部分に定員40人が乗車でき、富山駅前バスロータリー発着で運行する。

 11キロの道中はバスガイドの案内の下、街中を進む。富山城や富岩運河環水公園など富山駅の南北を巡り、富山北大橋を渡る際には前方に立山連峰の絶景が広がる。高架下を通過する場所では、手が届きそうになり、ちょっとしたスリルも味わえる。

 ロータリーで出発式があり、運行する富山地方鉄道(富山市)の関係者らがテープカットで祝福。同社の辻川徹社長は「開放的な座席で、普段とは違う目線から富山市を存分に楽しんでほしい」と期待を込めた。

 式典後に関係者による試乗会があった。バスが街中を通ると沿道から手を振る人の姿も。乗車した北陸信越運輸局富山運輸支局職員の金山千夏さん(23)は「景色がきれいで楽しかった。友達にも勧めたい」と満喫した様子だった。

 平日は5便、土・日曜と祝日は7便を運行する。水曜は運休。予約は不要。運賃は小学生400円、中学生以上800円。 (山中正義)

旅コラム
国内
海外