【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【三重】カエルとイモリが天気予報 鳥羽水族館で担当者観察

【三重】カエルとイモリが天気予報 鳥羽水族館で担当者観察

ジャンル・エリア : 三重 | 動物 | 展示 | 水族館 | 生き物  2019年06月10日

イモリの動きを確認する田中さん=鳥羽市鳥羽3の鳥羽水族館で

イモリの動きを確認する田中さん=鳥羽市鳥羽3の鳥羽水族館で

 カエル、イモリの習性から、翌日の天気予報を行うイベントが鳥羽水族館(鳥羽市鳥羽3)で開かれている。6年ぶりの復活で、同館では「来館者も自分の目で観察し、予報を考えてほしい」と話している。8月末まで。

 湿度に敏感な両生類の生態を生かしたイベントで、外気に触れる通路に「天気予報水槽」と題した2つの水槽を設置。ニホンアマガエル10匹、アカハライモリ10匹をそれぞれ飼育し、担当者が観察して予報。カエルは目を開けていたり、木に登るなど活発に動いたりすれば雨、活動が低下していれば晴れ。イモリは水中にいれば晴れ、上陸していれば雨。その割合によって曇りも予測できるという。

 飼育員の予報は、測定時の気温や湿度、気象庁の予報、実際の天気などと共にボードに書き込まれ、当たったかどうかが確認できる。5日に行った予報では、カエルが活発だったため雨、イモリは水中にいたので晴れと正反対となり、6日の結果は晴れだった。梅雨入りした7日に行った予報はカエルが雨、イモリは曇りで、結果は晴れ。雨が続く梅雨の期間は、的中率が上がるという。

 イベントは2006~13年に開催し、観察の楽しさなどから人気を集めた。飼育研究部の田中侑弥さん(26)は「遊びの要素が強く、外れることもあるが、どのような生態が予報に結び付くのか考えてほしい」と話している。

予報などが書き込まれたボード=鳥羽市鳥羽3の鳥羽水族館で

予報などが書き込まれたボード=鳥羽市鳥羽3の鳥羽水族館で

 予報は毎日、午前と夕方の2回実施。(問)鳥羽水族館=0599(25)2555

 (西山和宏)

旅コラム
国内
海外