【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【富山】マカダミアの実 鈴なり 県中央植物園、6年ぶり

【富山】マカダミアの実 鈴なり 県中央植物園、6年ぶり

ジャンル・エリア : 富山 | 自然  2019年06月25日

結実したマカダミアの実=富山市の県中央植物園で

結実したマカダミアの実=富山市の県中央植物園で

 富山市婦中町上轡田の県中央植物園の熱帯果樹室で「マカダミアナッツ」として知られるマカダミアの木が実をつけている。1本の木全体に実った状態で、同園でこれだけたくさんの実がなるのは6年ぶり。実が見られるのは全国の植物園でも珍しいという。

 マカダミアはオーストラリア原産。マカダミアナッツはハワイで盛んに生産され、ナッツ入りのチョコレートはハワイの人気土産となっている。

 現在、大きさ直径3センチほどの緑色の実が房状に木に実っている。種であるナッツを包む殻はとても硬く、専用の割る器具が必要だという。同園では1995年から栽培し、剪定(せんてい)方法などを改良することでたくさんの実の結実にこぎつけた。

 担当者は「普段食べてはいても、実がなっているのを見られるのはなかなかない」と話している。 (柘原由紀)

旅コラム
国内
海外