【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【福井】里山の白いじゅうたん 高浜のハンゲショウ見頃

【福井】里山の白いじゅうたん 高浜のハンゲショウ見頃

ジャンル・エリア : 福井 | 自然 |   2019年07月03日

うっとうしい梅雨空の下、山裾を白く彩るハンゲショウ=高浜町中津海で

うっとうしい梅雨空の下、山裾を白く彩るハンゲショウ=高浜町中津海で

 半夏生(今年は7月2日)の時季になると、葉が白く変わるハンゲショウが、高浜町中津海の山裾約10アールに白いじゅうたんを広げている。

 県内での群生は珍しく、県域絶滅危惧2類に分類。同所の里山づくりグループ「蝓蜊(ゆり)の里くらぶ」が6年前、休耕田にはびこっていたササを除草したところ、代わりに山裾から進出し、ササと同じくシカが好まないのでどんどん増えた。

 同くらぶ代表の山中義和さん(67)は「ドクダミ科なので匂いが強く、最初は刈っていた」というが、観光客が訪れるようになり、逆に丹精して育て始めた。白い葉は10日頃まで楽しめる。山中さんは「美しい里山の風景を楽しみに来てほしい」と話している。

 (山谷柾裕)

旅コラム
国内
海外