【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【福井】野草園や畑で多彩な体験 美浜に20日「園芸LABOの丘」開所

【福井】野草園や畑で多彩な体験 美浜に20日「園芸LABOの丘」開所

ジャンル・エリア : イベント | グルメ | 果物 | 福井 | 自然 | 野菜  2019年07月19日

10種類のトマトが見られる展示ハウス内

10種類のトマトが見られる展示ハウス内

 美浜町久々子の県園芸研究センターの北隣で建設していた県園芸体験施設「園芸LABOの丘」が完成し、20日、オープンする。施設内で育つ植物や畑などを生かした多彩な体験メニューをそろえ、家族連れなどを迎える。敷地内では同町の健康楽膳拠点施設「こるぱ」も同時に開館。地元の食材を使った健康食を提供し、野菜や果物、へしこなどを直売する。

 施設は約2.2ヘクタール。10種類のトマトが実を付ける展示ハウスや、春や秋の七草といった野草の摘み取り体験ができる野草園、農薬の使用を極力抑えた野菜畑などを造った。収穫したトマトや野草を使ったピザ作り、昆虫や植物の観察、無農薬野菜の栽培講習など、さまざまな体験メニューを用意する。

 「こるぱ」は、久々子湖を望む丘の北西端に町が建設した。食による健康づくりをテーマとした施設で、昨年の福井国体の際、期間限定で開館。今回が本格オープンとなる。レストランでは、地元特産の福井梅を使った梅おろしそばや特産野菜がふんだんに入ったオリジナルちゃんぽんなどを提供。今後は町の減塩レシピ「美(うま)しみはま虹彩食」をアレンジした健康食もメニューに加える予定だ。直売所を備え、食を通じて地元野菜の魅力をアピールする。

秋の七草などが植わる野草園=いずれも美浜町久々子で

秋の七草などが植わる野草園=いずれも美浜町久々子で

 20日は午前11時からオープニングセレモニーがあり、20、21両日午前11時半から、赤や黄色のパプリカで作った絵の具で絵はがきを描く体験教室などを開く。広場では冷やし野菜の試食などもある。

 県の担当者は「野草園などの植物も季節ごとに変わり、体験メニューも入れ替える。何度も訪れて四季折々の姿を見てもらい、園芸に親しんでほしい」と話している。

 入場無料で体験は実費が必要。開場は午前9時半から午後5時までだが、8月31日までは午後6時まで開く。月曜定休。月曜が祝日の場合は翌日が休み。

 (高野正憲)

旅コラム
国内
海外