【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【石川】高松ぶどう ゼリーに 来月末まで販売 辻口博啓さん考案

【石川】高松ぶどう ゼリーに 来月末まで販売 辻口博啓さん考案

ジャンル・エリア : グルメ | 果物 | 石川  2019年07月31日

高松ぶどうを使い、辻口博啓さんが考案したゼリー=津幡町舟橋で

高松ぶどうを使い、辻口博啓さんが考案したゼリー=津幡町舟橋で

 かほく市高松産のデラウェア「高松ぶどう」を使い、七尾市出身の著名パティシエ辻口博啓さんが考案したゼリーが完成し、津幡町舟橋のJA石川かほくで30日、関係者が試食した。今年の栽培100周年を記念し、高松ぶどう生産組合とJA石川かほくが辻口さんにスイーツ作りを依頼していた。

 辻口さんが県内で展開する洋菓子店「ル ミュゼ ドゥ アッシュ」のパティシエ藤井幸治さんによると、ピンクのチョコレートムースの上に高松ぶどうのリキュールと生のデラウェアで作ったゼリーがのっている。ゼリーには能登ワイン(穴水町)の赤ワインも加わり、キリッとした味わいに仕上がっている。アルコール分は抜けており、子どもも食べられる。

 藤井さんは「辻口もこのブドウのリキュールの香りを絶賛していた」と説明。試食した生産組合の大田昇組合長は「チョコのムースと混ぜて食べると、生のブドウとはまた違った味わいがある」と満足そうに話した。

 8月末まで、同洋菓子店の金沢店(県立美術館内)と和倉店(七尾市)で販売している。1個620円(税別)。ブドウの収穫時期に合わせて来年も販売する予定。(島崎勝弘)

旅コラム
国内
海外