【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【福井】気持ちはレッサーパンダに!? 鯖江で「笹アイス」9月1日復活

【福井】気持ちはレッサーパンダに!? 鯖江で「笹アイス」9月1日復活

ジャンル・エリア : グルメ | テーマパーク | 動物 | 福井  2019年08月27日

500個限定で復活販売される「レッサーパンダの気持ちになれる笹アイス」。容器は前回販売時のデザイン=鯖江YEG提供

500個限定で復活販売される「レッサーパンダの気持ちになれる笹アイス」。容器は前回販売時のデザイン=鯖江YEG提供

 暑い日に「レッサーパンダの気持ちになれる笹アイス」はいかが-。鯖江商工会議所青年部(鯖江YEG)が4年前に発売し、県内での販売が終了していた一風変わったご当地アイスが9月1日、鯖江市内で500個限定で販売される。レッサーパンダが縁で、京都府の動物園で販売が始まったのを受け、当時の鯖江YEGメンバー有志が復刻に乗り出した。

 「ドキドキワクワクできるもので鯖江をPRしたい」と開発された笹アイスは、鯖江市西山動物園の人気者レッサーパンダの食べ物をイメージ。クマザサの粉が練り込まれた本格的なジェラートに、サツマイモとリンゴが混ぜ込まれている。1個当たり131キロカロリーで、抹茶のようなさっぱりした甘さが特徴的だ。

 鯖江市有定町1の菓子店「福寿堂」が生産し、当時は市内限定で販売された。約2年で予定した約5000個が売り切れ、販売が終了した。だが今年7月、西山動物園からレッサーパンダを借り受けている福知山市動物園(京都府)が、鯖江市役所の紹介を受けて福寿堂と相談の上で販売を開始。珍しさで話題となったことなどを受け、当時の鯖江YEGメンバー有志が、鯖江市内でも限定で再販売することを決めた。

 福知山市動物園によると、笹アイスの売れ行きは「ぼちぼち」。インパクトのある名称に興味を引かれて購入する来場者も多いらしく、今後も販売を続ける予定という。

 笹アイスは1個270円(税込み)。道の駅西山公園(桜町3)と福寿堂で販売され、売れ行きが良ければ、販売の継続も検討する。鯖江YEGメンバー有志の一人は「一度味わってみて」と呼び掛けている。

 (玉田能成)

旅コラム
国内
海外