【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【福井】戦国城下町の暮らし再現 福井・朝倉氏遺跡復原町並で催し

【福井】戦国城下町の暮らし再現 福井・朝倉氏遺跡復原町並で催し

ジャンル・エリア : イベント | 文化 | 歴史 | 福井  2019年09月17日

武士役の人たちと記念写真に納まる観光客=福井市の一乗谷朝倉氏遺跡復原町並で

武士役の人たちと記念写真に納まる観光客=福井市の一乗谷朝倉氏遺跡復原町並で

 福井市の一乗谷朝倉氏遺跡復原町並で、戦国時代の城下町の生活を再現した催しが開かれている。武士や商人、町人役の計16人が行き交い、地場産の野菜や越前焼の販売など日々の営みをリアルに再現し、観光客らを楽しませている。開催は29日までの土日祝日の午前10時~午後4時。

 役を演じるのは、県演劇連盟所属の劇団員や地元の人たち。野菜の販売は日によって内容が異なり、16日はピーマンやミョウガなどが並んだ。越前焼は杯や湯飲みなどがある。朝倉将棋の幻の駒「酔象(すいぞう)」の駒作り体験もできる。

 武家屋敷では中級武士の家族役と家来役による喜劇が随時、上演されている。主人役の今村利弘さん(73)=劇団しあたあ・近松=は「再現しているのは朝倉氏全盛期の良き時代。ぜひタイムスリップを楽しんでほしい」と来場を呼び掛けている。

 (長谷川寛之)

旅コラム
国内
海外