【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【滋賀】国宝・金堂の内陣を公開 三井寺の特別企画始まる

【滋賀】国宝・金堂の内陣を公開 三井寺の特別企画始まる

ジャンル・エリア : 展示 | 文化 | 歴史 | 神社・仏閣 | 近畿  2019年10月02日

法要が執り行われる金堂内陣=大津市の三井寺(園城寺)で

法要が執り行われる金堂内陣=大津市の三井寺(園城寺)で

 大津市の三井寺(園城寺)で1日から、特別企画「ちょこっと関西歴史たび『不死鳥の寺 三井寺』」(JR西日本主催)が始まった。9月30日には、内覧会があり、越直美市長らが出席した。12月8日まで。

 期間中には、国宝である金堂の内陣が参拝できる。内陣には、ともに国の重要文化財の「金色不動明王立像(黄不動尊)」と「護法善神立像」が置かれており、普段は公開していないという。文化財収蔵庫では、世界最古のビザ(査証)ともいわれる「越州都督府過所」や「尚書省司門過所」などの国宝を公開する。また、一部がメトロポリタン美術館で復元された国宝の勧学院客殿など、期間限定の3つの特別公開も行う。

 内覧会では、同寺の福家英明さんが「(黄不動尊は)めったに拝むことができない。私も、みなさま非常に幸せなことだと思う」とあいさつした。

 特別企画はそれぞれ、三井寺の通常拝観料600円とは別途、料金がかかる。(問)三井寺=077(522)2238

 (柳昂介)

旅コラム
国内
海外