【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【富山】即位の礼 往時の姿 高岡・射水神社 掛け軸、絵巻物 20日から展示

【富山】即位の礼 往時の姿 高岡・射水神社 掛け軸、絵巻物 20日から展示

ジャンル・エリア : 富山 | 展示 | 文化 | 歴史 | 神社・仏閣  2019年10月16日

即位の礼に関する掛け軸や絵巻物=高岡市の射水神社で

即位の礼に関する掛け軸や絵巻物=高岡市の射水神社で

 22日の即位礼正殿の儀について知ってもらおうと、射水神社(高岡市古城)は20~22日に特別企画展として、江戸時代の即位の礼が描かれた掛け軸「御即位庭上(ごそくいていじょう)之図」2幅を初公開する。ほかにも大正天皇や昭和天皇の即位の礼の様子が分かる絵巻物など10点以上を展示する。

 即位の礼は、江戸時代までと、近代以降では儀式も様変わりしており、今回は個人から寄託されている江戸時代の即位の礼が描かれた掛け軸2幅を紹介する。江戸時代までの即位の礼の掛け軸には、飾りの旗など威儀物(いぎもの)、礼服(らいふく)を着用した公家、香をたいている様子が描かれている。

 大正天皇の即位の礼の際に新調された天皇陛下の玉座「高御座(たかみくら)」の絵が印刷されている絵巻物、大正天皇の即位の礼を祝って、同神社で建立された能舞台形式の神楽殿の棟札などがある。

 同神社の神職は「最高の伝統儀式の即位の礼について知ってもらい、日本に生まれたことへの思いを深めてもらえれば」と話す。

 特別企画展の開催時間は会期中の午前10時~午後4時。(武田寛史)

旅コラム
国内
海外