【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【富山】志功奉納絵馬 2点寄託 南砺・熊野神社 福光美術館で展示

【富山】志功奉納絵馬 2点寄託 南砺・熊野神社 福光美術館で展示

ジャンル・エリア : 富山 | 展示 | 文化 | 神社・仏閣 | 芸術  2019年10月17日

寄託された棟方志功作の十二支と若駒の絵馬=南砺市法林寺で

寄託された棟方志功作の十二支と若駒の絵馬=南砺市法林寺で

 棟方志功(1903~75年)が描いた南砺市法林寺の熊野神社の奉納絵馬2点が、福光美術館に寄託された。12月16日まで同美術館で展示される。

 49年制作の「若駒」(縦52センチ、横64センチ)と57年制作「十二支」(縦75センチ、横182センチ)の2点。若駒は棟方の福光疎開時の隣家の長男誕生を祝って描いた。十二支は福光に再訪した際、親交のあった住民の還暦祝いで描いたとされ、それぞれ熊野神社の拝殿に長く飾られていた。

 拝殿の造営100周年の節目に絵馬の保存と防犯のため、美術館に寄託し、多くの人に楽しんでもらうことになった。

 学芸員の渡辺一美さんは「若駒は力強く丁寧に描いてある。棟方の優しい気持ちや住民との強いつながりが伝わる」と話している。 (山森保)

旅コラム
国内
海外