【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【石川】4色にそよぐ芝 幻想的 木場潟西園地 ライトアップ始まる

【石川】4色にそよぐ芝 幻想的 木場潟西園地 ライトアップ始まる

ジャンル・エリア : イルミネーション | 石川 | 芸術  2019年10月21日

湖面のように青色にライトアップされた西園地=小松市の木場潟公園西園地で

湖面のように青色にライトアップされた西園地=小松市の木場潟公園西園地で

 県が小松市の木場潟公園西園地で進めていたライトアップ工事が終わり、同園で19日夜、点灯式があった。湖面に見立てた芝生は波打つように4色に輝き、園路や樹木も照明で照らされた。年間を通して日没から午後9時まで点灯し、新たな観光名所やデートスポットにと期待される。(青山直樹)

 西園地の中央に、高さ約12メートルのプロジェクターと投光器を設置。投影するのは湖面をイメージした青、白山の白、木々の緑、ショウブの紫の4色で、芝生の色は5分ごとに変化する。模様も「ゆらめく」「風にそよぐ」「きらめく」の3種類があり、さまざまな表情が楽しめる。

 園路や桜の木々、潟の周囲に生えるヨシなどにも計31基の照明を設け、夜の西園地を幻想的に照らし出している。

 西園地にある飲食店「ラーゴ ビアンコ」からは、食事をしながら光の芸術を観賞できる。

 点灯式には、谷本正憲知事ら約30人が出席。谷本知事は「夜の木場潟の風情を堪能できる。木場潟の付加価値がさらに高まった」などとあいさつ。公立小松大の吹奏楽サークルの演奏に合わせて点灯すると、出席者から歓声が上がった。

 2023年の北陸新幹線敦賀延伸を見据え、県が4月から整備を進めてきた。総事業費は約6000万円。

旅コラム
国内
海外