【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【富山】草木染の主役 植物紹介 氷見 桜の枝や布50点展示

【富山】草木染の主役 植物紹介 氷見 桜の枝や布50点展示

ジャンル・エリア : 富山 | 展示 | 自然  2019年11月28日

染料として利用される植物を紹介する展示=氷見市海浜植物園で

染料として利用される植物を紹介する展示=氷見市海浜植物園で

 染料として利用されている植物を紹介する「植物と『色』の世界展」が、氷見市海浜植物園メインホールで開かれている。12月1日まで。

 氷見市内で採集したものを中心に、桜の枝やヨモギなどの植物、草木染をした布50点を展示。染色に利用した植物は匂いをかぐこともできる。アカジソ、コーヒーなど台所にあるものでできる染め方や、染色の歴史をパネルで紹介している。植物園の担当者は「身近な植物の面白さが伝わればと思う」と来場を呼び掛けている。

 期間中は藍のお茶のサービスがある。土、日曜日の午前10時と午後2時には、タマネギの皮でハンカチを染める体験ができる。染色の体験料は300円。

 午前9時~午後4時半。火曜休館。入園料は大人500円、小中学生100円。

 (小寺香菜子)

旅コラム
国内
海外