【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【滋賀】長浜八幡宮で神事「火きり神事」 どんど焼きの火種

【滋賀】長浜八幡宮で神事「火きり神事」 どんど焼きの火種

ジャンル・エリア : イベント | 神社・仏閣 | 近畿  2019年12月16日

神事で火をおこす神職ら=長浜市宮前町で

神事で火をおこす神職ら=長浜市宮前町で

 年末年始のどんど焼きに向け、災いをはらう火種をおこす「火きり神事」が15日、長浜市宮前町の長浜八幡宮であった。

 神事には烏帽子(えぼし)と狩衣(かりぎぬ)をまとった神職6人が参加した。カシの木の棒を十字に組んだ「火きり杵(きね)」をヒノキ材の上に立て、横棒を力強く上下させると、麻ひもでつながった縦棒が勢いよく回り、摩擦熱によって火をおこした。

 火はろうそくに移し、神前に奉納した。どんど焼きまで保管する。どんどの点火は31日午後10時半。

 神社では31日午後11時に、えとの氷大彫刻が完成。11時半から落語家笑福亭仁昇さんとのカウントダウンがある。新年1日は午前0時、0時半の2回にわたって「初春ちくわ」を計2000本まく。

 (相馬敬)

旅コラム
国内
海外