【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【石川】人気漫画 七尾で聖地巡礼 「君は放課後インソムニア」

【石川】人気漫画 七尾で聖地巡礼 「君は放課後インソムニア」

ジャンル・エリア : まちおこし | イベント | サブカルチャー | 展示 | 石川  2019年12月18日

(上)漫画と同じポーズで作品を再現した写真を撮る参加者たち(下)漫画と実際の写真風景を照らし合わせて楽しめる展示会場=いずれも七尾市府中町で

(上)漫画と同じポーズで作品を再現した写真を撮る参加者たち(下)漫画と実際の写真風景を照らし合わせて楽しめる展示会場=いずれも七尾市府中町で

食祭市場、パトリア前… 県内外からファン

 小学館の週刊漫画雑誌ビッグコミックスピリッツで連載中の「君は放課後インソムニア」が、七尾市を舞台にしていることから、注目が集まっている。15日は同市の第3セクター「七尾街づくりセンター」が、作中に登場した場所を巡る「聖地巡礼企画」を実施し、県内外からファンを呼び込んだ。センター職員の石坂真由美さんは「今後も作品の人気を観光活性化につなげたい」と意気込む。(中川紘希)

 漫画はオジロマコトさんが手掛け、2巻まで発売されている。不眠症(インソムニア)の症状を抱える高校生の男女が出会ったことから始まる青春物語を描く。

 能登が舞台という設定で、七尾の風景や建造物が多く登場する。オジロさんが連載前に同市を旅行し、海と山、街が近く、物語の舞台として魅力があると考え決めたという。

 人気の高まりを受け、センターは聖地巡礼を企画。愛知県など遠方からの参加を含めた約30人と、作中に描かれた能登食祭市場、複合商業施設パトリア前など中心市街地を歩きながら漫画と見比べて楽しんだ。案内役は、作品のファンで、題材になった街並みをインターネット上で紹介している窪(くぼ)丈雄さん(53)=同市府中町=が務めた。地元での注目度が高いことから、雑誌の編集部も同行した。

 イベントに参加した能美市旭台の団体職員の男性(30)は「漫画で街並みが忠実に再現されていると知ってすごく楽しい。七尾をゆっくり散歩するのも初めてでよかった」と話した。石坂さんは「反響の大きさに驚いた。新たな観光ルートとしてまた巡礼企画もできれば」と話した。

 企画に合わせて、漫画の複製原画展も開かれている。会場は能登食祭市場で18日まで、20日から来年1月8日までは七尾市立図書館(七尾駅前の複合施設ミナ・クル3階)で複製原画25点を展示する。オジロさんは「イベントを光栄に思う。この地を漫画に描ける幸せとともに、七尾の皆さんに展示を通して作品に触れてもらうことに感謝します」とコメントを出した。

旅コラム
国内
海外