【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【長野】子の大絵馬を披露 新年へ県護国神社

【長野】子の大絵馬を披露 新年へ県護国神社

ジャンル・エリア : 文化 | 甲信越 | 神社・仏閣  2019年12月23日

お披露目された大絵馬と古荘さん=松本市の県護国神社で

お披露目された大絵馬と古荘さん=松本市の県護国神社で

 松本市の県護国神社で22日、来年の干支「子(ね)」をモチーフにした大絵馬がお披露目された。来年1年間、本殿脇に掲げられる。

 大絵馬は縦2.3メートル、横3.7メートル。市内在住のイラストレーター古荘風穂(ふるしょうかざほ)さん(33)が手掛け、今年で10回目。境内の弓道場で約3週間かけ、水性ペンキで塗り上げた。

 宝玉も時間の大切さに比べれば宝にはならないといった意味の「尺璧非宝(せきへきひほう)」をテーマに、黒を基調に仕上げ、10枚の扉と12匹のネズミを配置した。小判や俵などを描いた扉の内側の体を灰色、扉からはみ出た体を金色に塗り分け、大切なのは宝ではなく、時間ということを表現したという。

 「今年1年で得た宝にとらわれず、糧にして生きることが大切」との思いを込めたという古荘さん。「大絵馬を見て新年をほっとした気持ちで迎えて」と話した。

 (大塚涼矢)

旅コラム
国内
海外