【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【岐阜】パリの財団に「円空大賞」 海洋探査船に芸術家乗せ作品制作

【岐阜】パリの財団に「円空大賞」 海洋探査船に芸術家乗せ作品制作

ジャンル・エリア : 展示 | 岐阜 | 芸術  2020年01月31日

円空大賞に選ばれた「Tara Ocean(タラオセアン)財団」の作品=岐阜市宇佐の県美術館で

円空大賞に選ばれた「Tara Ocean(タラオセアン)財団」の作品=岐阜市宇佐の県美術館で

 生涯に12万体もの神仏像を彫った県ゆかりの修行僧、円空を連想させる独創的な芸術文化活動を顕彰する「第10回円空大賞」に、気候変動や海洋の調査研究に取り組むパリの「Tara Ocean(タラオセアン)財団」が選ばれた。30日、岐阜市宇佐の県美術館で授賞式が開かれた。

 同財団は、海洋探査船「タラ号」にアーティストを乗せ、作品を通じて海の現状を知らせている。授賞式で、財団エグゼクティブディレクターのロマン・トゥルブレさんは「40人近くのアーティストの力で受賞できた。今後もアートの大切さ、科学の大切さを伝えたい」と述べた。

 円空大賞は、1999年度から2年に1度実施。大賞に次ぐ「円空賞」には、多治見市の彫刻家大嶽有一さん(70)、奈良県の彫刻家安藤栄作さん(58)、米国在住の画家池田学さん(46)、東京都の記録映画作家羽田澄子さん(94)を選んだ。

 受賞者の作品を紹介する円空大賞展(中日新聞社後援)は3月8日まで、県美術館で開かれる。

 (稲田雅文)

旅コラム
国内
海外