【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【石川】冬の霊峰 写真鮮やか 白山 ボランティアの作品展示

【石川】冬の霊峰 写真鮮やか 白山 ボランティアの作品展示

ジャンル・エリア : 展示 | | 石川 | 自然  2020年02月28日

雪化粧した霊峰白山などの写真パネルが並ぶ会場=白山市松任学習センタープララで

雪化粧した霊峰白山などの写真パネルが並ぶ会場=白山市松任学習センタープララで

 白山国立公園パークボランティアが撮影した写真などを紹介する展示が、白山市松任学習センタープララで開かれている。冬の霊峰白山や高山植物などの写真などのパネル計40点が並ぶ。3月2日まで。

 白山国立公園は、信仰の対象としてあがめられてきた白山を中心に石川、福井、岐阜、富山の4県にまたがり、広さ約5万ヘクタール。パークボランティアは国立公園で美化清掃や自然解説、登山道の補修作業を行っていて白山地域には昨年7月末時点で24人が環境省から登録されている。

 会場にはピンクの花のコイワカガミ、最高峰の御前峰(ごぜんがみね)(2702メートル)で撮影したニッコウキスゲ、ズダヤクシュといった高山植物や雪化粧した白山の写真を展示。自然観察会での花炭作りやスノーシュー体験、登山道での看板管理の場面のほか、白山ユネスコエコパークや白山手取川ジオパークについて解説したパネルもある。

 主催する環境省中部地方環境事務所は、白山国立公園パークボランティアを募集している。応募申込用紙に記入し、メールやファクス、郵送で申し込む。3月16日午後5時までに必着。申込用紙は同事務所のホームページからダウンロードできる。(問)中部地方環境事務所白山自然保護官事務所076(259)2902(平日午前8時半~午後5時15分)

 (鴨宮隆史)

旅コラム
国内
海外