【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【石川】白峰の素朴な味 知って カマシイリコ、ネブ茶

【石川】白峰の素朴な味 知って カマシイリコ、ネブ茶

ジャンル・エリア : グルメ | 展示 | 文化 | 石川  2020年04月07日

試食・試飲体験をしているカマシイリコ(右)とネブ茶=白山市白峰の県白山ろく民俗資料館で

試食・試飲体験をしているカマシイリコ(右)とネブ茶=白山市白峰の県白山ろく民俗資料館で

白山ろく民俗資料館 試食・試飲体験

 白山市白峰の県白山ろく民俗資料館は土、日曜と祝日に、白峰地域でおやつなどとして食べられていた「カマシイリコ」と香ばしくて素朴な味の「ネブ茶」の試食・試飲体験を同館の敷地内にある旧杉原家住宅で行っている。県有形文化財の古民家のいろり端で、白山麓の食文化を来館者らに伝えている。(鴨宮隆史)

 カマシイリコは、白山麓で古くから食べられてきた雑穀のカマシ(シコクビエ)の実を精白して粉にし、少しずつ湯を注いで練って作る。そのままや砂糖を入れ、主に間食として食べられていたという。

 ネブ茶は「カワラケツメイ」というマメ科の植物から作り、鍋でいった後に煮詰めるなどして飲む。香ばしい香りが特徴で、健康にも良いとされる。ともに同館の畑で栽培したカマシ、カワラケツメイを使い、職員らが加工して来館者に味わってもらっている。

 いろりは寒い時期には火をたき、落ち着いた雰囲気の中で昔ながらの体験ができる。同館の職員は「製粉技術の関係で、カマシイリコは昔はもっとざらっとした食感だったが、細かくひいた滑らかな食感のイリコを体験してもらっている。素朴な味を楽しんでくつろいでもらえれば」と話している。試食・試飲体験は土、日曜と祝日の午前10時半~午後3時。

 26日からは旧杉原家住宅で企画展「きものと帯結び展」が開かれる(7月19日まで)。「日本の心をもう一度 心のふるさと」と銘打ち、着物と帯結びのすばらしさを紹介する。(問)同館076(259)2665

旅コラム
国内
海外