【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【長野】雪の北アルプスに桜、安曇野の原風景

【長野】雪の北アルプスに桜、安曇野の原風景

ジャンル・エリア : 甲信越 | 自然 |   2020年04月10日

コヒガンザクラが見頃を迎えた常念道祖神=安曇野市堀金烏川で

コヒガンザクラが見頃を迎えた常念道祖神=安曇野市堀金烏川で

 北アルプス・常念岳を望む安曇野市堀金烏川の桜の名所として知られる「常念道祖神」で、コヒガンザクラが見頃を迎えている。

 地元の写真家で映像作家の中沢義直さん(1922~2015年)が1991年、失われつつある安曇野の原風景を後世に伝えようと、地元業者に大小2つの道祖神の製作を依頼して設けた。両脇に桜を植樹して常念岳と桜、道祖神の風景が楽しめるスポットとなっている。

 快晴となった9日はアマチュアカメラマンらが頻繁に訪れた。フィルムカメラで撮影していた愛知県豊橋市の男性(60)は「雪山と桜がセットで撮れる貴重な場所」と話し、真剣な表情でファインダーをのぞき込んでいた。

 一帯を所有する斉藤彰久さん(77)は「今年は3月の雪で枝が折れて小ぶりだが、雪の常念と桜、道祖神の格別の風景を楽しんでほしい」と話していた。

 (大塚涼矢)

旅コラム
国内
海外