【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【滋賀】ヒトツバタゴ「雪化粧」 安土・沙沙貴神社

【滋賀】ヒトツバタゴ「雪化粧」 安土・沙沙貴神社

ジャンル・エリア : 神社・仏閣 | 自然 | | 近畿  2020年05月12日

粉雪が枝を覆うかのように、美しく咲き誇るヒトツバタゴ=近江八幡市安土町常楽寺の沙沙貴神社で

粉雪が枝を覆うかのように、美しく咲き誇るヒトツバタゴ=近江八幡市安土町常楽寺の沙沙貴神社で

 近江八幡市安土町常楽寺の沙沙貴神社で、雪が枝に降り積もったように白い花をつける「ナンジャモンジャ」が見頃を迎えた。

 モクセイ科の落葉高木で、正式名はヒトツバタゴ。1988(昭和63)年5月に伊勢神宮ゆかりの苗木を譲り受け、楼門近くのシンボル樹をはじめ境内に計9本ある。

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、参拝客は例年に比べて少なめだが、青空の広がった11日は、市内外から多くの人が訪れた。彦根市の男性(72)は「青空と白い花の対比が美しいですね」と話し、カメラとスマートフォンで写真を撮っていた。

 神社によると、今が最も美しい状態で、今週末ぐらいまで楽しめそうだという。

 (松瀬晴行)

旅コラム
国内
海外