【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【長野】山雅選手のサイン集めて 松本市街地でスタンプラリー

【長野】山雅選手のサイン集めて 松本市街地でスタンプラリー

ジャンル・エリア : まちおこし | イベント | スポーツ | 甲信越  2020年06月30日

店舗に置く選手とガンズくんの等身大パネル=松本市中央公民館で

店舗に置く選手とガンズくんの等身大パネル=松本市中央公民館で

 サッカーJ2松本山雅FCの運営会社と松本市内の二つの企業が7月10日から、新型コロナウイルスの影響で冷え込んだ地域経済の活性化に向け、中心市街地の店舗などに置いた山雅選手のサインをかたどったスタンプを集めるスタンプラリーなどを展開する。

 運営会社と宿泊業「ホテルニューステーション」、飲食業「中国料理 百老亭」が実行委をつくり、松本青年会議所(JC)が協力。山雅のスローガンから「One Soul, One Heart 山雅 de 松本市街地再発見」と名付けた。

 トップチームの全選手34人と布啓一郎監督、マスコットキャラクター「ガンズくん」のサインをデザインした36種類のスタンプを用意。中心市街地の36の店舗に置き、8つ以上のスタンプを集めて応募すると、8人に選手のサイン入りボールなどが当たる。

 実行委はスタンプを置く店舗の募集も開始した。参加店舗にはスタンプと一緒に各選手らの等身大パネルを据え、来店者に記念撮影を楽しんでもらう。期間は8月16日まで。

 また選手4人が市街地を散策した動画を撮影し、動画投稿サイト「ユーチューブ」で公開する。選手たちは街中の魅力を紹介しており、市が松本駅周辺に設けたチームエンブレムなどをあしらったご当地マンホールを探す手掛かりにもしてもらう。

 運営会社の柄沢深営業本部長(46)は「まずは地域の中で経済を回していかなければならない。コロナで落ち込んだ街のにぎわいを、山雅のコンテンツを最大限活用して活性化したい」と意気込んだ。

 (小山豪)

旅コラム
国内
海外