【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【静岡】竹の工芸品の魅力伝える 藤枝で展示会

【静岡】竹の工芸品の魅力伝える 藤枝で展示会

ジャンル・エリア : 展示 | 工芸品 | 静岡  2020年07月01日

展示会を主催した松沢圭子さん=藤枝市のギャラリーhyggeで

展示会を主催した松沢圭子さん=藤枝市のギャラリーhyggeで

 竹でできた工芸品の展示会「FUSHIME」が、藤枝市の蓮華寺公園近くのギャラリーhyggeで開かれている。12日まで。 (保坂千裕)

 環境に優しい素材として世界的に再評価されている竹を、日常に取り入れてもらおうと、松沢圭子さん(53)が主催した。県内の竹工芸家4人の作品約150点が並ぶ。

 松沢さんは12年前に竹を使った工芸を始め、2019年に愛好家らと「竹部(ばんぶ)」を立ち上げた。竹をメンマにして販売するなど、社会問題になっている放置竹林の活用方法も模索する。

 インドネシアのバリ島にあり、ホテルや学校など建造物が全て竹で造られた村「グリーンビレッジ」を知ってもらおうと、壁には現地で撮った写真も並ぶ。松沢さんは2月に竹工芸家らと視察し、「大きい竹に優しく包まれる感覚だった」と振り返る。

 松沢さんは「竹はプラスチックの代わりにもなり、環境にも優しい。実際に使って価値を知ってもらいたい」と話した。販売もしている。

旅コラム
国内
海外